「べっぴんさん」朝ドラ7年ぶり、最終回20%割れ 主演の芳根は感謝

[ 2017年4月4日 05:30 ]

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを務めた芳根京子
Photo By スポニチ

 女優芳根京子(20)が主演したNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の最終回(1日放送)の平均視聴率が19・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。最終回に20%に届かなかったのは「ウェルかめ」(09年後期)の13・3%以来、7年ぶり。

 全151回の期間平均視聴率は20・3%。最近の朝ドラの期間平均視聴率では「あさが来た」(15年後期)が23・5%、「とと姉ちゃん」(16年前期)が22・8%で3作連続の20%超えとなった。芳根は「半年間ご覧いただいた皆さんに、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース