宮迫 関西で仕事の多さに嬉しい悲鳴「これ以上増えたらマジで離婚される」

[ 2017年4月4日 18:43 ]

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が4日、関西テレビの新番組「雨上がりのナニモン!?」(土曜日後6・30、15日スタート)の初収録を行った。

 宮迫博之(47)は関西で同番組を含め3本のレギュラー、1本の準レギュラー番組を持つ。売れっ子ぶりに感謝するも、「ほぼ毎週大阪に来てて、嫁に“また大阪?”ってめちゃくちゃ言われる。これ以上増えたらマジで離婚されると思う」と嬉しい悲鳴をあげた。 来阪できなくなると困る事はないかと問われると、「誰が遊んどんねん!いつも太った男の同級生と遊んでるわ、怖いから!」と返した。男友達との行き先を聞かれ、「そうですね、北新地のおネエちゃんの店…て、やかましいわ!」と、俳優・渡辺謙(57)の不倫報道でも話題の歓楽街を挙げ、ノリツッコミ。「たまには行くよ…」とつぶやいた後、「嫁に?言うてるか!なんで“先週キャバクラ行った”て報告するねん」と、報道陣からの追及にタジタジだった。

 同番組は、気になる場所に集う「何者?」な人に迫る。大御所芸人が体を張るクイズコーナーもあるが、宮迫は「師匠の方々もええ歳なんで、ある意味、貴重な資料映像になる。今のうちにしっかり見ておいた方がいい」と縁起でもない発言をした上に、この日登場した坂田利夫(75)について「久々に拝見したけど、どんどん綿棒に似てきた」と言いたい放題。「師匠方は健在。まだまだ長いって」という蛍原徹(49)の必死のフォローも、「そんなに(長く)ないって」と無にして、笑わせた。

 さらに、番組に登場する2人のキャラクターイラストにも「俺のは全然かわいくない!」とクレーム。「オマエ(蛍原)のピンクでかわいらしい悪魔やけど、おれの…緑てなんや!気持ちの悪い!これ作ったヤツ、一回話しよ!」とぼやき、蛍原を呆れさせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース