柄本佑&安藤サクラ 妊娠発表後2人そろって初の公の場で幸せオーラ

[ 2017年4月4日 19:02 ]

映画「追憶」完成披露会見(左から)柄本佑、小栗旬、長澤まさみ、安藤サクラ
Photo By スポニチ

 俳優の柄本佑(30)と女優の安藤サクラ(31)が4日、都内で行われた映画「追憶」の完成披露会見に夫婦揃って出席した。

 2人は12年に結婚。安藤は3月に第一子の妊娠を発表し、6月に出産予定。発表後、夫婦揃っての初の公の場ということで2人は互いに触れなかったものの、柄本は「出来上がった映画を見て感動した」。安藤も「現場ではすごい時間を過ごしているな、と思っていました。大事な宝物になりました」と笑顔で話し、幸せオーラを振りまいていた。

 同作は「鉄道員(ぽっぽや)」「駅 STATION」など数々の名作を生み出してきた降旗康男監督(82)と木村大作カメラマン(77)の9年ぶりの新作でオリジナルストーリー。北陸を舞台に幼少期をともに過ごした少年3人が、一つの殺人事件を通して刑事、容疑者、被害者として再会。事件の真相と対峙(たいじ)していく姿を描く。

 主演を務めるV6・岡田准一(36)は「心にしみていく映画が完成した。この映画に参加した喜びを噛み締めている」と感無量の様子。

 監督と木村カメラマンの両氏に故・高倉健さんの面影を見ると絶賛された岡田は「健さんは唯一無二のスペシャルな存在。なれるとは思ってないが大きな後姿を追いかけて精進できたら」と力を込めた。

 また岡田の妻役を演じた長澤まさみ(29)は岡田の印象について聞かれると「強くて優しくて神様みたいな人。本当に尊敬します」とベタ褒めされ、照れることしきりだった。

 他に小栗旬(34)、吉岡秀隆(46)、木村文乃(29)らが登壇した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース