橋本愛 主演の井の頭公園100周年映画 歴史の積み重ねに感激

[ 2017年4月4日 20:24 ]

映画「パークス」の完成披露試写会に登壇した染谷将太、橋本愛と永野芽郁
Photo By スポニチ

 女優の橋本愛(21)が4日、主演映画「PARKS パークス」(監督瀬田なつき、22日公開)の都内で行われた完成披露試写会で、共演の永野芽郁(17)、染谷将太(24)らと舞台あいさつに登壇した。

 井の頭公園(東京・武蔵野市)の100周年事業の一環として企画された作品。橋本は、近くにある映画館・吉祥寺バウスシアター(閉館)によく通っていたそうで「おいしいご飯屋さんや古着屋さんにも寄っていた街ですが、出演が決まってあらためて公園に体をなじませに行った」という。

50年前に作られた楽曲を、現代に再現してライブで披露しようと奔走する女子大生たちの青春群像劇。橋本は「100年という歴史を大切に積み重ねてきたからこそ、必然なのか奇跡なのか皆が集まって作れた素敵な映画になった。それぞれの解釈で感動を持ち帰ってほしい」と感慨深げにアピールした。

 染谷は、ラップに挑戦したが「音楽の打ち合わせと練習があると呼ばれ吉祥寺のスタジオに行ったら、“音楽、どうしましょう?”と言われそこから歌詞を考えた。できるでしょって感じだったけれど、やったことありませんから」と苦笑い。音楽監修のトクマルシューゴ(36)は「試しに作ってあったものはあったけれど、あとはラッパーの染谷くんにお任せした」と明かしたが、「ラッパーではない。そこは否定しておきます」と語気を強め、会場の笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース