小林麻耶 11カ月テレビ出演、「キラキラしてる」めいの一言で復帰決意

[ 2017年4月4日 05:30 ]

11カ月ぶりにテレビ復帰した小林麻耶
Photo By スポニチ

 体調不良で休養していたフリーアナウンサー、小林麻耶(37)が3日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に約11カ月ぶりにテレビ出演した。3月30日に収録したもので、自身の復帰までの道のりと、乳がんで闘病中の妹のフリーアナウンサー・小林麻央(34)の現状を語った。

 昨年5月19日、同番組の生放送中に体調を崩し、救急車で病院に搬送された後、過労による体調不良で休養に入っていた。倒れたころについて「まだ妹の(闘病の)ことを公表してなくて、そばにいたい気持ちが膨れ上がり、秋からのスケジュールを考えてもらうように事務所に伝えていた」とし「それでホッとしてしまったのかも」と振り返った。

 現在の麻央の病状は「つらい状態が続いている。一進一退で、一日の中でも全然違う」と説明。「本当に頑張っているので…。でも本当に頑張れ、と思うときもある。言ってはいけないと分かっていても、そういうときの頑張れは大切」と実感を込めた。

 同6月に休養を発表した麻耶は自身の体調の回復を目指したほか、麻央のサポートに努めた。麻耶自身は当初、「自分のペース以外のものについていけず、エレベーターや電車、車にも乗れない」状態だったが「妹のお見舞いだけは、底力が出た」と語った。

 仕事復帰への原動力となったのは、麻央の長女、麗禾(れいか)ちゃん(5)のひと言だった。今年1月に広告の写真撮影に臨み、その姿で麻央の自宅を訪問。「お化粧してるの?キラキラしてる!」と大喜びするめいっ子の反応に「ハッとした。表現者として、社会とつながっていたいという思いになった」と心を揺さぶられた。関係者によると、麻央は姉の復帰をとても喜んでいるという。今後の仕事については徐々に進めていく予定。「妹のサポートを全力でしながら、少しずつ再開できれば。倒れないことを目標に」と語った。

 《海老蔵に感謝》麻耶は麻央の夫・市川海老蔵(39)への感謝を口にした。海老蔵は昨年6月に1人で会見に臨み、約200人の報道陣の前で妻の病状を公表。「(報道で明らかになり)きょう会見を開く、と言って。普段は明るい会話ばかりなのにこんなに強くて守られている。そういう海老蔵さんの下に私たちはいたんだなあ、と」と強い信頼を寄せていた。

 【これまでの経過】

 ▼16年5月19日 「バイキング」の生放送中に途中退席し緊急搬送。約1週間の検査入院

 ▼6月1日 所属事務所が「過労による体調不良」として休養を発表。復帰時期は未定とした

 ▼9日 市川海老蔵が会見を開き、麻央が乳がんのため闘病中と公表

 ▼9月1日 麻央がブログ「KOKORO.」を新設。麻耶もブログを3カ月ぶりに更新

 ▼17年3月31日 「バイキング」で4月3日にインタビューを放送することを発表

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース