ロッテ ドラ1・上田希由翔がプロ初のマルチ安打 いずれも涌井から放ち「僕の場合は一発勝負」

[ 2024年6月14日 23:25 ]

交流戦   ロッテ3-4中日 ( 2024年6月14日    ZOZOマリン )

<ロ・中>4回1死、上田は中前打(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・上田希由翔内野手がプロ初のマルチ安打をマークした。

 「7番・三塁」でスタメン出場し、2回1死で中日先発・涌井のフォークを捉えて中前打。4回1死では直球を中前にはじき返した。

 約1カ月半の2軍生活を経て、この日1軍に昇格。「僕の場合は一発勝負。ファームでやってきたことを出したい」と先発起用に応えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース