DeNA ドラ1・度会が4試合連続適時打 「気合で打った」 1軍復帰後は4試合で打率・471

[ 2024年6月14日 23:20 ]

交流戦   DeNA5-1西武 ( 2024年6月14日    ベルーナD )

<西・D>6回、生還しナインに迎えられる度会(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・度会隆輝外野手が4試合連続でタイムリーを放ち、チームの5連勝に貢献した。

 0―0の三回2死二、三塁で、西武先発・青山に厳しく内角を攻めらるも6球目の外角球に対応。三遊間に転がし、遊撃への先制適時内野安打とし「追い込まれていたが、気合で打った」とベンチにガッツポーズを向けた。

 1―1に追いつかれた6回は先頭打者で中前打。勝ち越しの起点となった。

 不振のため5月に2軍落ち。1軍に復帰した今月11日から先発出場を続け、4試合で17打数8安打の打率・471、5打点。チームの進撃を支えている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース