大谷翔平「2番・DH」で先発 3戦連発18号に期待 5年前の同じ日には日本人選手初サイクル安打達成

[ 2024年6月14日 07:35 ]

<ドジャース・レンジャーズ>試合前、キャッチボールをするドジャース・大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が13日(日本時間14日)、本拠でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場する。同カード2試合連続で本塁打をマークしており、今季2度目の3試合連続となる18号本塁打に期待が懸かる。

 レンジャーズの先発投手はマイケル・ロレンゼン。2022年にはエンゼルスで大谷と同僚だった。

 5年前の6月13日(同14日)、大谷は敵地レイズ戦でに日本人メジャーリーガーで史上初となるサイクル安打を達成している。

 来季の投手復帰を目指す大谷は、試合前に約20メートル程度の距離でキャッチボールを行い、70球を投げた。前カードのヤンキース戦中には米スポーツ専門局「ESPN」のインタビューに応じ「リハビリ自体のすべてが思い通りにいってるわけではもちろんないので、調子の悪い日もあれば良い日もあるし、気持ち的にうまくいってない時は術後は不安になるもの」と語っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース