早大2年・宮城 早慶戦の“雪辱”6回1失点「“全国では何とか”という思いがあった」

[ 2024年6月14日 05:00 ]

第73回全日本大学野球選手権第4日・準々決勝   早大6―2九産大 ( 2024年6月13日    神宮 )

<早大・九産大>力投する早大の先発・宮城(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 先発した早大2年生左腕・宮城は、6回1失点で準決勝進出に貢献した。

 リーグ優勝を決めた2日の慶大戦では、先発するも3回1失点で無念の降板。「悔しかったので“全国では何とか”という思いがあった」と振り返った。

 浦和学院(埼玉)時代は2度の甲子園出場。大学では自身初の全国大会で、日本一まであと2勝に迫り「変わらずチームに貢献するピッチングをしたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース