巨人・萩尾匡也「やることは変えずに、しっかり振っていこう」 5番起用に応える2打点 

[ 2024年6月14日 22:30 ]

交流戦   巨人7―2日本ハム ( 2024年6月14日    エスコンF )

<日・巨>7回、萩尾は犠飛を放ちナインと喜び合う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 5番で起用された巨人・萩尾匡也外野手(23)は2回2死一、二塁で中前適時打、7回1死一、三塁から中犠飛を放ち2打点。首脳陣の期待に応え「やることは変えずに、しっかり振っていこうと思っていた」とうなずいた。

 直球や浮いた変化球に積極的にスイングを仕掛ける姿勢が好結果につながり「浮いたと思った瞬間に強く振っていますし、センター前も振っているからこそあそこに飛んでくれているのかなと思う」と振り返った。

 前日に1軍再昇格し、2戦連続で存在感を発揮。それでも5回1死二、三塁の遊ゴロに「当たりが良かったとはいえ、1軍なので。しっかり打点にもう少し貢献できたら」と話した。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース