川淵三郎氏が6・28ロッテVSオリックス戦で始球式「しっかり練習しないと」

[ 2024年6月14日 13:22 ]

6月28日のロッテ―オリックス戦で始球式を行う日本サッカー協会相談役、日本トップリーグ連携機構代表理事会長の川淵三郎さん(球団提供)
Photo By 提供写真

 千葉ロッテマリーンズは6月28日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム、午後6時試合開始)でオフィシャルスポンサーである株式会社スズケンの冠協賛試合「建築工房櫓 PRESENTS 心を一つに共に戦おう!スペシャルナイター」を開催し、日本サッカー協会相談役、日本トップリーグ連携機構代表理事会長の川淵三郎氏が始球式を行うと発表した。

 なお、キャッチャーはB.LEAGUEチェアマン・日本バスケットボール協会副会長の島田慎二氏、審判は株式会社スズケン建築工房櫓代表取締役社長の鈴木健二氏、バッターは一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン理事長でロッテの球団取締役オーナー代行の玉塚元一氏が務める。

 始球式は「建築工房櫓 PRESENTS 心を一つに共に戦おう!スペシャルナイター」のファーストピッチセレモニーとして午後5時45分ごろから行われる予定。川淵氏は球団を通じて「中学校時代は野球少年でした。でも硬球を投げたことは一度もありません。始球式は初めての経験で、18メートル投げられるかどうか心配です。前もってしっかり練習しないと!」とコメントを寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース