巨人・阿部監督「本人も多分その気で投げてたと思う」 今季最多134球で完投勝利の戸郷を称賛

[ 2024年6月14日 21:57 ]

交流戦   巨人7―2日本ハム ( 2024年6月14日    エスコンF )

<日・巨>戸郷(左)を勝利のハイタッチで出迎える阿部監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 巨人の阿部慎之助監督(45)は、ノーヒットノーランを達成した5月24日阪神戦(甲子園)以来今季2度目の完投勝利を飾って6勝目(3敗)をマークし、チームの連敗を6で止めた戸郷翔征投手(24)の力投を静かに称賛した。

 味方の大量援護にも恵まれた戸郷は4回に水谷、7回に松本剛と2本のソロ本塁打を浴びたが、失点はこれだけ。8回終了時点で114球を投げていたが、9回もマウンドに向かい、最後まで一人で投げ切った。

 9回4安打2失点。今季最多の134球、今季最多タイの9奪三振という熱投だった。

 試合後、戸郷の完投は本人の意思もあったのか問われた阿部監督は「いやもう完投してもらって。この次も間が空くんで、本人も多分その気で投げてたと思うし」とエースへの信頼を改めて口に。

 指揮官との“あうんの呼吸”で完投勝利を飾った戸郷も敵地でのヒーローインタビューで「いやもう完投もうれしかったですし、チームがね、6連敗してたんで。なんとか僕で止めようと思って、きょうは頑張りました」と清々しい表情を浮かべながら話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース