これぞ巨人のエースだ!戸郷翔征が今季最多134球、ノーノー以来の完投で6勝目 チームの連敗止める

[ 2024年6月14日 20:48 ]

交流戦   巨人7―2日本ハム ( 2024年6月14日    エスコンF )

<日・巨>巨人の先発・戸郷 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の戸郷翔征投手(24)が14日の日本ハム戦(エスコンF)で今季12度目の先発登板。9回4安打2失点完投で2試合ぶりとなる今季6勝目(3敗)を挙げた。戸郷はこれが球団4人目の交流戦通算10勝目となっている。

 ノーヒットノーランを達成した5月24日阪神戦(甲子園)での今季初コンビから4試合連続で岸田とバッテリーを組み、自身初となる敵地エスコンフィールドのマウンドへ。

 初回を3者凡退で立ち上がると、味方打線は直後の2回に坂本の4号ソロで先制し、3回には相手の適時失策と萩尾の適時打で2点を追加した。

 戸郷は3―0で迎えた4回、初めて打たれた安打が水谷の右越え3号ソロ。逆球となった初球、外角への149キロ直球だった。

 7―1で迎えた7回には2死走者なしから松本剛に148キロ直球を左翼スタンドへ放り込まれ1号ソロとされたが、結局、失点はこのソロ本塁打2本だけ。ノーヒットノーラン以来となる今季2度目の完投勝利は今季最多134球の熱投だった。

 投球内容は9回で打者32人に対して今季最多の134球を投げ、4安打2失点。今季最多タイの9三振を奪い、与えた四球は2つ、直球の最速は151キロだった。

 前回登板した7日のオリックス戦(東京D)では8回で8三振を奪い、5安打2失点と好投するも打線の援護なく、今季3敗目。2022年6月3日のロッテ戦(東京D)から続いていた交流戦の連勝が6で止まっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース