中日、3年連続の交流戦勝ち越しナシ 立浪監督「得点圏での打席の待ち方や意識、うちももっと…」

[ 2024年6月14日 05:00 ]

交流戦   中日4-9日本ハム ( 2024年6月13日    エスコンフィールド )

<日・中>ベンチで試合を見守る立浪監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 中日は逆転負けで3年連続の交流戦勝ち越しなしが決まった。22年まで在籍したマルティネスに決勝犠飛を含む2安打4打点を許し、昨季トレードした郡司に2戦連続適時打、救援の山本拓にも移籍後初勝利を献上した。

 3カード連続負け越しで今季最多に並ぶ借金5。立浪監督は「日本ハムの得点圏での打席の待ち方や意識、うちも、もっとやらないといけない。ドラゴンズにいた選手にやられてしまったが、明日からまた、やっていく」と前を向いた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース