東日本国際大・藤井、魂の3連投!タイブレーク制し2年ぶり4強

[ 2024年6月14日 05:00 ]

第73回全日本大学野球選手権第4日・準々決勝   東日本国際大4―3上武大 ( 2024年6月13日    神宮 )

<上武大・東日本国際大>力投する東日本国際大・藤井(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 東日本国際大が延長10回タイブレークにまでもつれた激闘を制して、2年ぶりの4強入りを決めた。

 11日の1回戦から3連投となった右腕・藤井が3回途中から7回1/3を4安打無失点で投げ抜いた。自身初の3連投となったが、140キロ台中盤の直球を丁寧に低めに集め、得点は与えなかった。

 決勝進出となれば初。早大との15日の準決勝を前に「疲れたが、初の偉業は自分たちでかなえたいので絶対に勝ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース