都青鳥特別支援学校 特別支援学校初の単独で夏の大会出場

[ 2024年6月14日 05:05 ]

 都青鳥特別支援学校が、今夏の全国高校野球選手権西東京大会に単独チームで出場することが13日、分かった。

 久保田浩司監督(58)によると特別支援学校単独での夏の大会出場は全国でも初めてといい「単独だと(選手の)出場機会が増える。一人でも多くに経験させてあげたいと思っていた」と意義を話した。

 同校は昨年5月に東京都高野連に加盟し、夏の西東京大会に他の2校との連合チームで出場し初戦敗退。今回は部員が6人から12人に倍増し、単独で出場できるようになった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース