【14日のプロ野球見どころ】好調楽天を4番でけん引 鈴木大、広島戦で全球団制覇弾なるか!

[ 2024年6月14日 08:00 ]

13日の巨人戦の4回、左前打を放つ鈴木大(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 早ければきょう14日にも楽天の交流戦初Vが決まる。その中で4番として打線をけん引しているのが鈴木大だ。交流戦開幕当初は5番だったが、1日ヤクルト戦から4番に座ると、以降の11試合は40打数12安打の打率・300と奮闘。6日の阪神戦では初回に決勝の2点タイムリーも放つなど重責を果たしている。

 きょうからは広島との3連戦。鈴木大の対戦別成績を見ると、広島を除く11球団から本塁打を放っており、一発が出れば全球団本塁打になる。相手予告先発の大瀬良は対戦打率・364(11打数4安打)と相性抜群。優勝と自身の記録がかかる一戦で4番に一発が飛び出すか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース