ソフトバンク 先発・モイネロが自己最多の12三振を奪って4勝目 防御率1・54はリーグ2位

[ 2024年6月14日 22:52 ]

交流戦   ソフトバンク2―0阪神 ( 2024年6月14日    みずほペイペイD )

<ソ・神(1)>ソフトバンク先発・モイネロ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの先発、リバン・モイネロ投手(28)が来日後最多の12三振を奪い、7回6安打無失点で今季4勝目を挙げた。

 走者を背負ってからギアを上げた。初回には2死からの連打で一、三塁のピンチを背負うが、5番・原口を高めの直球で空振り三振。6回1死一塁からは圧巻の4者連続三振だった。

 「相手がうまくコンタクトできていなかった。勝利に貢献できている実感がある」。今季から先発に転向し、防御率1・54はリーグ2位。交流戦は22イニングを投げて2失点と「無双」しており「満足している」と笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月14日のニュース