ヤクルトは雨天コールドで3連敗 交流戦黒星発進にも高津監督は「根拠はあまりないけど上向いていきそう」

[ 2024年5月28日 21:30 ]

交流戦   ヤクルト3―5ロッテ ( 2024年5月28日    神宮 )

<ヤ・ロ>選手交代を告げる高津監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが本拠地でロッテに敗れ、今季の交流戦は黒星スタートとなった。試合開始前から強い雨と風が吹き付ける悪条件の下、初回に長岡が右越えソロを放って幸先よく先制した。だが、先発の吉村は2回に1点を失って同点に追いつかれると、3回は角中に右越え2ラン、佐藤に左越えソロと2者連続アーチを浴びて3失点。5回にも1点を失い、4回2/3を11安打5失点と精彩を欠いた。

 打線は3回に長岡の適時二塁打、5回にサンタナのソロで懸命に追いすがって2点差に迫ったが、5回が終了して試合が成立したことろで雨脚が強まって試合が中断。反撃の気運が高まっている状況だったが、天候が回復しなかったためそのまま雨天コールドゲームとなった。

 チームはこれで3連敗、借金は今季最多の9となった。それでも、高津監督は敗戦の中にも一定の手応えを感じていたようで「負けたことは悔しいんですけど、根拠はあまりないけど上向いていきそうな気がします」と前向きだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース