カブス・誠也 1安打も9回同点機で中飛 チームは4連敗に「何もありませんよ」

[ 2024年5月28日 01:30 ]

ナ・リーグ   カブス3-4カージナルス ( 2024年5月26日    セントルイス )

<カージナルス・カブス>5打数1安打だったカブス・鈴木(AP)
Photo By AP

 カブスの鈴木はカージナルス戦に「2番・右翼」で出場し、5打数1安打だった。

 3―4の9回2死一、三塁の同点機で打席が巡ったが、守護神ヘルズリーの100・4マイル(約161・5キロ)の前に中飛。雨で2時間以上開始が遅れた試合で最後の打者となった。

 8回の中前打で3試合連続安打をマークもチームは4連敗となり、試合後は「何もありませんよ」。ダスティン・ケリー打撃コーチは「芯で捉えている打球が(野手の間を)抜けていないだけ。バットは振れている」とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース