新生・渡辺西武“初陣”へ 新助っ人のコルデロが1軍合流 出場選手登録へ

[ 2024年5月28日 14:58 ]

西武・コルデロ
Photo By スポニチ

 26日に成績不振で休養した松井稼頭央監督(48)に代わり渡辺久信監督代行兼ゼネラルマネジャー(GM=58)が、指揮を執る“新生”渡辺西武は28日、交流戦初戦で中日と対戦する(バンテリンD)。

 この日、打撃不振だった新助っ人のコルデロ外野手(29)が1軍に合流。このまま出場選手登録されるとみられる。

 レッドソックス、ヤンキースに所属した過去2年で14本塁打をマークするなどメジャー通算27発の大砲候補。開幕から14試合に出場するも打率.176、1本塁打、3打点と苦しみ、4月15日に登録を抹消されていた。

 渡辺監督代行は27日の会見で得点力不足に悩むチームの現状について問われた際に「なかなか外国人にしてもケガをしてたり思っていたような実力を出していないと思う。ただ残り100試合近く。実力通りの力を出してほしい。ファームのほうでコルデロも状態が上がってる。アギラーも時間はかからないと思う。早く復帰してほしい。じゃないとシーズンが終わっちゃうので」などと語っていた。

 チーム打率・214、118得点はともにリーグワースト。期待の助っ人が貧打解消の救世主となるか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース