巨人 交流戦は2年連続黒星発進 今季8度目零敗で山崎伊織を援護できず 王貞治DAYに3安打で完敗

[ 2024年5月28日 21:09 ]

交流戦   巨人0―2ソフトバンク ( 2024年5月28日    東京D )

<巨・ソ>7回、船迫(右)に交代を告げるためマウンドに向かう阿部監督(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 巨人は交流戦開幕戦で、球団創設90周年記念特別試合「王貞治DAY」として行われた28日のソフトバンク戦(東京D)にわずか3安打で敗れて連勝ならず。貯金が1に減った。交流戦は昨年に続いて2年連続で黒星発進となっている。

 開幕からここまで無傷の4勝をマークしていた先発右腕・山崎伊が0―0で迎えた5回、先頭の6番・栗原に右越え3号ソロ本塁打を被弾。この先制点が相手の決勝点となった。

 打線は3回のヘルナンデス、4回の吉川と先頭打者を安打で塁に出すもチャンスを生かせず、6回の2死満塁も坂本が右飛に倒れて無得点。

 相手先発右腕・有原に6回3安打と封じられると、その後もヘルナンデス、松本裕、オスナに抑えられて今季10度目の無得点試合、今季8度目の零敗となった。

 山崎伊は6回5安打1失点と好投もまたも打線の援護なく、今季初黒星。0―1で迎えた7回には2番手右腕・船迫が1死満塁のピンチを招いて降板し、3番手左腕・高梨が柳田の遊ゴロで2点目を失った。

 巨人は2019年、2020年と日本シリーズでソフトバンク相手に1勝もできず、ともに4連敗で敗退。昨年の交流戦では敵地・ペイペイドームで初戦を落とすも連勝して2勝1敗と勝ち越している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース