28日の「王貞治デー」 ファーストピッチは第39代4番張本氏、セレモニアルピッチに第48代4番原氏

[ 2024年5月28日 05:30 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 28日の「王貞治デー」では、試合前セレモニーで、ファーストピッチを第39代4番の張本勲氏(スポニチ本紙評論家)、セレモニアルピッチを第48代4番の原辰徳前監督が務める。

 試合球は特別な刻印が入ったボールを使用し、選手たちは永久欠番の「1」が右袖にデザインされた特別ユニホームなどを着用する。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース