阪神―日本ハム戦は中止 前夜から大雨 「阪神園芸さんであかんかったらしゃーない」の声

[ 2024年5月28日 16:40 ]

雨脚の強まる甲子園球場にはシートが敷かれる (撮影・須田 麻祐子)
Photo By スポニチ

 28日の18時開始予定だった阪神―日本ハム戦(甲子園)は天候不良のため中止となった。午後4時40分に発表された。現役時代に阪神でもプレーした日本ハム・新庄剛志監督の凱旋だけに、3連戦の前売りチケット完売と高い注目を集めていた。

 甲子園が所在する兵庫県西宮市は前夜から強い雨が降り続けており、この日も大雨警報が発令される時間帯があった。早い時間帯から内野の土部分には雨よけのシートが敷かれるなど、最後まで試合開催を模索したが、無念の中止となった。
 
 X(旧ツイッター)では28日午後から「阪神園芸」がトレンド入り。球団OBの糸井嘉男氏は手を合わせて祈る絵文字を使って「阪神園芸さま~」とつづり、予定通りの試合開催を願っていた。

 中止の一報を受けたSNS上の野球ファンは「ギリギリまで戦ってくれた阪神園芸さんに感謝や」「阪神園芸さんであかんかったらしゃーないわ」「阪神園芸が無理というなら無理だねぇ」などとコメントしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース