昨季ナ・リーグMVPのブレーブス・アクーニャ 今季絶望…左膝前十字じん帯断裂 手術も決定

[ 2024年5月28日 01:30 ]

左膝を痛めたアクーニャはグラウンドに倒れ込み悶絶(ロイター)

 昨季ナ・リーグMVPのブレーブス・アクーニャが「左膝前十字じん帯断裂」で今季絶望となった。

 26日(日本時間27日)のパイレーツ戦の初回の二塁走者で、帰塁した際に左膝を痛めて途中交代。精密検査の結果、手術を受けることが決まった。

 21年には右膝の前十字じん帯断裂で手術経験がある。アクーニャは昨季、大リーグ史上初の「40本塁打&70盗塁」を達成。今季のMVP争いではドジャース・大谷のライバルの一人と目されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月28日のニュース