西武が12球団最速で西日本工大・隅田知一郎の1位指名公表 150キロ左腕に渡辺GM「満場一致の評価」

[ 2021年10月8日 17:30 ]

西日本工大の隅田知一郎投手
Photo By スポニチ

 西武が8日、11日に行われるドラフト会議に向け、編成会議を行い、西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)を1位指名すると公表。1位指名選手の公表は12球団で最速となった。最速150キロを誇る隅田はチェンジアップ、スライダーを軸にカーブ、カットボール、ツーシーム、スプリットなど多彩な変化球も操り、複数球団による競合が有力視されている。

 オンライン取材に応じた渡辺久信GM(56)は「今年のリストに挙がった選手の中では1番の評価。これは満場一致の評価で、投手としてポテンシャルの高さもありますし、ゲームをしっかり支配できる、しっかりゲームをつくれる、ランナーを出しても切り抜ける術を持っている。総合的な評価で彼に決めました」と説明した。

 西武は今季49勝を挙げている(7日現在)が、左腕の挙げた白星は39歳の内海と22歳の浜屋の計2勝。渡辺GMは「左でローテーションに入っている投手もいないですし、彼の実力というか、普通に投げられれば、必ず戦力になると思うので、楽しみです」と即戦力左腕の獲得へと期待を膨らませた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月8日のニュース