亀山つとむ氏 及川痛恨の1球を成長の糧に “次は絶対にあの球で抑えてやる”と誓ってほしい

[ 2021年10月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3ー4DeNA ( 2021年10月7日    横浜 )

<D・神25>8回、ソト(右)に2ランを浴びた及川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 【亀山つとむ 視点】 泣きたいだろう。苦しいとも思う。及川が8回にソトに逆転2ランを食らった。1死二塁となってソトを打席に迎えた時に、マウンドへやってきた矢野監督から直接に声をかけられて、1球目、2球目と見違えるように腕が振れていたし、力強い球もいっていた。

 カウント2―2からの運命の6球目は145キロの真っすぐなのかな、ツーシームなのかな、いずれにしてもコースも高さも少し中へ、内へと入ってきた。あの場面、配球が正しかったか間違っていたとかは関係なく、“クソッ、打たれた”と自分に腹を立てて、決して“もうあの球は投げられないな…”ではなく、“次は絶対にあの球で抑えてやる!”と誓ってほしい。まだ2年目の20歳。成長の糧となる1球にしなければならない。

 岩崎とスアレスを起用せずに負けた。10月に入っての5連勝中、2人は4度ずつ登板している。きょう8日からはヤクルト3連戦も控えており1人、もしくは2人をできれば休ませたかったのは理解できる。6回と7回をアルカンタラ、8回を及川で逃げ切れれば最高だったが、もちろん逆転負けという最悪の結果も覚悟した上で、ベンチが勝負したということ。

 なので継投ミスとは言えないが、ただ計算どおりに行かなかったのは、この日も追加点を奪えなかったことだろう。ロメロから3回に3得点したが、その後は8回まで攻略できなかった。目立った動きもなく沈黙した状態。ヤクルトに3つ勝つためにも、打線が奮起して勢いをつけなければならない。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月8日のニュース