大谷翔平 先輩・雄星から“特大133メートル、弾丸181キロ”16号ソロ!初回に8試合ぶり一発

[ 2021年6月6日 11:15 ]

ア・リーグ   エンゼルス12―5マリナーズ ( 2021年6月5日    アナハイム )

<エンゼルス・マリナーズ>初回1死から中越えソロアーチを放ったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムでのマリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席に岩手・花巻東高の先輩のマ軍先発・菊池雄星投手(29)から16号ソロアーチを放つなど5打数2安打2打点だった。チームは12―5で勝利し2連勝した。

 初回1死、菊池の初球スライダーを捉えて16号アーチ。打球速度は112・5マイル(約181キロ)、飛距離436フィート(約133メートル)で、5月25日(同26日)のレンジャーズ戦の4回の右越え15号ソロを放って以来8試合ぶりのアーチ。本塁打王争いでトップのブルージェイズ・ゲレロェイズ・ゲレロの18本に2本差、2位のブレーブス・アクーニャ、パドレス・タティスの17本に1本差に迫った。これまでの菊池との対戦成績は7打数3安打1本塁打、打率・429で、19年7月21日以来の対戦だった。本塁打は19年6月8日(同9日)に本拠地で放って以来2年ぶりだった。

 3回1死からの第2打席は菊池の前に空振り三振。5回1死二塁の第3打席は、打球が右ひざを直撃し緊急降板した菊池に代わって登板した右腕シャグワと対戦し空振り三振、7回無死二塁からの第4打席は右腕リオスと対戦し右直だったが、8回1死二塁の第5打席で左腕ミセビッチから左翼線に適時二塁打し、5月29日(同30日)のアスレチックス戦で2安打して以来5試合ぶりのマルチ安打を記録した。

 前日4日(同5日)の同カード2戦目では「2番・投手」で今季8試合目の登板、5試合目の投打同時出場。投げては6回4安打2失点、10奪三振で今季2勝目(1敗)を挙げ、打っては2打数無安打1四球で、通算打撃成績は、52試合で192打数49安打40打点、15本塁打、7盗塁で打率・255となっていた。これまで投打同時出場の翌日の打撃成績は、11打数無安打だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月6日のニュース