×

セ監督交流戦前総括 矢野監督は数字で表れ自信 原監督は総評する段階ではない

[ 2021年5月24日 05:30 ]

上段左から阪神・矢野監督、巨人・原監督、ヤクルト・高津監督。下段左から中日・与田監督、DeNA・三浦監督
Photo By スポニチ

 ▼阪神・矢野監督 開幕からみんながタイガースの野球をやりきってくれたものが、数字、結果で表れて自信にしてくれていると思う。数字的にはいい流れで交流戦に入れる。 

 ▼巨人・原監督 まだ総評する段階じゃないよね。総評する段階ではない。何とかワンチーム、全員の力を使って、というところ。(交流戦は)まあ、しっかり戦います。

 ▼ヤクルト・高津監督 開幕してからいろんなことがあったけれど、悪い状態ではないことは確か。今年はノリ(青木)とかが率先して、(山田)哲人もみんなよく声が出ている。

 ▼中日・与田監督 控えの選手もいい状態で、いい競争意識が出てきている。課題は打力の部分。名古屋から始まるし、セ・リーグの戦い方をやって一戦一戦、強敵に挑んでいく。

 ▼DeNA・三浦監督 選手は頑張っているが力を発揮できないのは監督の責任。結果を受け止めて、もう一度、交流戦から仕切り直す。野手も投手も攻めていけるようにしたい。

 ※広島は新型コロナウイルス感染者続出のため佐々岡監督の取材対応なし。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月24日のニュース