ファーム選手権予告先発 ソフトバンクが大竹耕太郎 楽天は西口直人

[ 2020年11月6日 17:28 ]

ソフトバンク・大竹耕太郎投手(左)と楽天・西口直人投手
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は6日、イースタン・ウエスタン両リーグの覇者が競う7日のファーム選手権(サンマリン宮崎・午後1時開始)の予告先発を発表した。

 ソフトバンクは大竹耕太郎投手(25)、楽天は西口直人投手(23)が先発する。

 大竹はウエスタンで今季16試合に投げ、6勝3敗、防御率2・53。勝利数、防御率、勝率、投球回(92回1/3)でリーグトップの数字を残し、73奪三振はソフトバンク・杉山の83に次ぐ2位だった。

 西口はイースタンで今季14試合に投げ、3勝2敗、防御率3・72。
 今季1軍では、大竹は3試合に投げ、2勝0敗、防御率2・30。西口は登板機会はなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月6日のニュース