“またかよ”オリックス 拙攻と拙守のオンパレード 中嶋監督代行「こっちの責任」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2-9ロッテ ( 2020年9月13日    ZOZOマリン )

<ロ・オ17>7回裏2死満塁から安田の左前タイムリーで二塁走者・マーティンが生還(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 オリックスは、拙攻と拙守を重ねて自滅した。

 1点を追う5回1死二塁で、若月の中飛に二走・T―岡田が不用意に飛び出し反撃ムードは消沈。守備では2―2の7回2死一塁で、加藤の平凡な飛球を遊撃・安達と中堅・西村がお見合いして危機拡大。その後、清田の遊撃への決勝タイムリー内野安打など味方の失策も絡み一挙4失点を招く一因となった。

 中嶋監督代行は「ミスは付きものですけど…。ミスしたのは(起用した)こっちの責任」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月14日のニュース