×

NTT西日本が近畿で都市対抗本戦出場一番乗り 今秋ドラフト候補・野村の二盗から2回一挙9点

[ 2020年9月14日 18:06 ]

第91回都市対抗野球大会近畿地区第2次予選 第1代表決定戦   NTT西日本12―1大阪ガス ( 2020年9月14日    わかさスタジアム )

<NTT西日本・大阪ガス>都市対抗本戦出場を決め帽子を投げ歓喜するNTT西日本ナイン(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 NTT西日本が6年連続31回目の都市対抗野球出場を近畿一番乗りで決めた。2回に7安打を集中し一挙9点を先制。「7番・三塁」でフル出場した今秋ドラフト候補の野村勇が1死走者なしから四球を選んでノーサインで二盗を決め、ここから打線に火が付いた。「流れがこっちに来るような走塁ができた」と胸を張り、大原周作監督(46)も「本戦でも今日みたいに走ってほしい」と試合を分けたプレーを称えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月14日のニュース