日本ハム 仙台に遠征中の全選手、首脳陣全員陰性 濃厚接触者なしを確認

[ 2020年9月14日 05:30 ]

日本ハムの飯山裕志内野守備コーチ
Photo By スポニチ

 日本ハムは13日、飯山裕志内野守備コーチ(41)の新型コロナウイルス陽性判定を受け、仙台に遠征中の全選手、首脳陣ら68人がPCR検査を受検し、全員の陰性と濃厚接触者なしが確認されたと発表した。

 11日に出場選手登録を抹消された郡、12日に抹消された吉田輝の2選手は14日に受検する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月14日のニュース