広島 ブルペンデーで競り負け、今季最多の借金10 佐々岡監督「一つずつ返していくしか」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6-7阪神 ( 2020年9月13日    甲子園 )

<神・広(17)> 8回2死、塹江が陽川に勝ち越し中超え本塁打を許す (撮影・平嶋 理子)                                                 
Photo By スポニチ

 広島は、6投手をつなぐブルペンデーは終盤に競り負け、今季2度目の同一カード3連敗を喫した。

 鈴木誠の17号3ランで先制したものの、同点の8回2死からセットアッパーの塹江が途中出場の陽川に決勝弾を被弾。「悔しい。長打警戒の場面で甘くなってしまった」と肩を落とした。

 「一発だけを警戒しないといけない場面。もったいないよね」と佐々岡監督。今季最多の借金10には「一つずつ返していくしかない」と必死に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月14日のニュース