日本ハム「北海道特産品応援プロジェクト」実施 全国から地域に活力を

[ 2020年6月5日 11:54 ]

北海道179市町村応援大使2020 特産品応援プロジェクトを告知する日本ハム・西川(左)と杉谷(右)
Photo By 提供写真

 日本ハムは5日、新型コロナウイルス感染拡大で人の往来がままならず、特産品の売上が落ち込むマチを支援すべく「北海道179市町村応援大使2020 特産品応援プロジェクト」を実施すると発表した。

 今年大使が就任した全18市町村が誇る物産を取りそろえ、日本ハムが情報発信を手伝うことで全国から地域に活力を注ぎ込むプロジェクト。球団公式サイトで店舗や商品の情報を紹介し、購入方法などは直接掲載店舗へ問い合わせるシステムとなる。詳細は球団公式サイトを参照。

 参加市町村=当別町、長万部町、奥尻町、寿都町、真狩町、美唄市、赤平市、旭川市、占冠村、中川町、初山別村、斜里町、置戸町、えりも町、大樹町、豊頃町、浜中町

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月5日のニュース