阪神・木浪 プロ初の左越え弾 2年目の成長示す一撃「とにかく強く振ること意識」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

練習試合   阪神6-0広島 ( 2020年6月4日    甲子園 )

<練習試合 神・広> 4回無死、本塁打を放つ木浪 (撮影・平嶋 理子)                                                            
Photo By スポニチ

 「プロ初」の一発で猛アピール! 「9番・遊撃」で先発出場した阪神の木浪が、一振りで存在感を示した。

 「とにかく強く振るということを意識していて、そうすることでコースによっては逆方向にも強い打球が飛んでいるのかなと思っています」

 先頭で迎えた4回、1ボールからの2球目だった。やや外寄り高めに来た薮田の146キロ直球を強振。打球は左翼ポール際へ吸い込まれた。1、2軍公式戦、オープン戦を含めてもプロ初の左越え弾。昨季からの成長を示す一撃と言えた。

 「結果を出し続けなければレギュラーを取ることはできないと思うので、打撃も守備も一球一球、集中して、結果を出し続けていきたいです」

 前日3日の同カードでもフェンス直撃の中越え二塁打を放ち、直近2試合では「小力」をアピール。遊撃守備でも軽快な動きを見せており、矢野監督は「今日は守備が良かった。打撃もいい状態を保てていると思う。去年から、また成長してきているかなと思います」と目を細めた。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月5日のニュース