阪神・糸井、逆転2ランも“弟子”のギータ弾に脱帽「えぐいな」

[ 2020年6月5日 20:20 ]

練習試合   阪神―ソフトバンク ( 2020年6月5日    甲子園 )

<神・ソ>4回無死、柳田は右中間ソロを放つ(投手・西勇)撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 0―1の3回に左翼ポール直撃の逆転2ランを放った阪神・糸井が、直後に飛び出したソフトバンク・柳田の同点弾に脱帽した。

 糸井が一発を放った時には「すげえ」とばかりに笑っている姿がテレビに映し出された柳田は、オフの自主トレをともにする“弟子”。ただ、自身の本塁打が浜風に乗せた逆方向への本塁打だったのに対し、ギータの一撃は逆風を切り裂き右中間スタンドに飛び込む特大弾だった。

 5回で途中交代した後の取材で「えぐいな。やっぱ。1スイング、1スイングすごいなと思ってました。今日は浜風が結構強いのにね。打った瞬間。打球を追いかけてても、打球を見ていて違う。人の打球じゃない」と“超人”ですらお手上げの様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月5日のニュース