巨人・坂本、大城 2度目のPCR検査も陰性 近く退院しチーム再合流へ

[ 2020年6月5日 17:43 ]

巨人・坂本勇人内野手(左)と大城卓三捕手
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が5日、入院先の医療機関で新型コロナウイルスのPCR検査を受け、「陰性」と判定された。4日の判定に続いて2度目の「陰性」で、入院後は2度連続で「陰性」と判定された。

 2人は球団関係者218人が受けた抗体検査で、感染後に回復したことを示す「IgG抗体」を検出したことから、慎重を期すため6月2日にPCR検査を実施。40以上あれば陰性とされるCt値は、それぞれ37・78と34・95で、正常値にわずかに届かない「微陽性」と判定されて3日に入院した。入院先の医療機関で3日夜に再び検査し、4日朝に陰性と伝えられていた。

 無症状で、回復を示す抗体を持っているため、NPBのガイドラインにある「2週間の自宅待機」の対象とは異なる。2人は近く退院し、早期のチーム再合流を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月5日のニュース