中日・根尾 「広島撃ち」で開幕1軍アピールだ

[ 2020年3月17日 05:30 ]

休日返上でバットを振り込んだ根尾
Photo By スポニチ

 開幕1軍入りへ「広島撃ち」の一週間にする。中日・根尾は16日、17日から広島2軍との練習試合(由宇)3連戦に出場した後、20日からの広島との練習試合(マツダ)で、さらなるアピールに挑む。

 「1軍では試合に出る機会をアピールして(高評価を)獲得できなかった。今の時期に打席数に多く立ち、自分の形を周りにアピールしたい」

 オープン戦は12試合出場で21打数4安打の打率・190。「思うようにいかなかった」。この日も野手陣は休日だったが、ナゴヤ球場を訪れ室内練習場でティー打撃するなど振り込んだ。

 2軍戦に出場するが、与田監督が「1、2軍の入れ替えではない」と話したように降格ではなく実戦機会を増やすための措置。1軍では途中出場が多く打席数も限られたが、2軍戦では先発出場が増える。「一試合一本と言わず(もっと)打てるようにやっていきたい。開幕がいつになるか分からないが、目標は一緒です」。自身初の開幕1軍へ、残り時間をフルに活用する。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月17日のニュース