明石商が練習再開 ドラフト候補・来田「夏に向けて気持ちを切り替えている」

[ 2020年3月17日 05:30 ]

明石商・狭間監督
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止になった第92回選抜高校野球大会の出場校の明石商(兵庫)が16日、兵庫県明石市の同校グラウンドで、11日の中止決定から初となる練習を行った。取材に応じた狭間善徳監督は「(大会を)やるかなとは思っていたが、世の中がこのような状態なので、致し方ない」と語った。

 この日、中止決定後初めて選手たちと顔を合わせた狭間監督によると、今秋のドラフト候補の来田涼斗主将は「夏に向けて気持ちを切り替えている」と言い、同じくドラフト候補の中森俊介投手も「来田と同じです」と前を向いていたという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月17日のニュース