米球界初!ヤンキースのマイナー選手がコロナ陽性 施設閉鎖、選手&スタッフ隔離

[ 2020年3月17日 02:30 ]

 ヤンキースは15日(日本時間16日)、マイナー選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。大リーグと傘下のマイナー所属選手で感染が確認されたのは初めて。日本のプロ野球では感染者は出ていない。

 キャッシュマンGMは新型コロナウイルスに感染したマイナー選手について「13日の朝、ホテルで熱と疲労の症状を訴えた。今も隔離されているが、症状は出なくなったし、容体は回復している」と説明。この選手はタンパのマイナー施設で練習していた。田中らメジャーが使用している球場や施設には立ち入っていないという。

 これを受け、マイナー施設は13日から25日(日本時間26日)まで閉鎖。マイナー選手とスタッフは今後、約2週間隔離されることも決まった。キャッシュマンGMは田中らが練習を行うメジャー施設の閉鎖の可能性には「日に日に状況が変わりつつある。微妙な境界線を歩いている。そこは他の産業の人と変わらない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月17日のニュース