MLB コロナ感染拡大受け球団&選手らが続々と支援活動

[ 2020年3月17日 02:30 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各球団、選手が続々と支援活動をスタートさせている。

 アストロズの主力野手ブレグマンは、本拠地のあるヒューストンのフードバンクへ非常食1000箱(2万8000食分)を寄付。同僚の右腕マッカラーズも1万食分を寄付、スプリンガーも本拠地球場の従業員に向け、10万ドル(約1060万円)の寄付を決めた。カブスのトム・リケッツ・オーナーも本拠地の球場スタッフに公式戦中止の際の補償に乗り出すことを決めたと、地元メディアが報じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月17日のニュース