阪神 実戦勘鈍らせないため主力も1、2軍戦フル活用 矢野監督が明言

[ 2020年3月17日 05:30 ]

 阪神は実戦勘を鈍らせないために1、2軍戦をフル活用して開幕に備える。1軍は20日まで練習試合がないことから、矢野監督は主力選手も2軍戦に出場させる方針を明かした。

 「(2軍戦に)行く行く。打席に立った方がいいと思う。本人たちも立ちたいと思うしね。ユウスケ(大山)とかシュン(高山)とか捕手も行くと思うしセイヤ(木浪)も。何人か行く」

 2軍は、17日からオリックス、中日と各3連戦を予定。オープン戦で首位打者に輝いた大山や打率・313を記録した高山、終盤に決勝打を連発した陽川や坂本らが出場予定。投手陣に関しても金村投手コーチが「球児なんかも2軍で投げると思う。逆に2軍から(20日の)神宮に行くのもいる」と明かした。来る開幕に向け、最大限に力を発揮できるよう、準備を整えていく。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月17日のニュース