日本ハム・栗山監督 新型コロナ影響で馴染みのコロッケ店が倒産…野球で勇気届ける

[ 2020年2月28日 05:30 ]

札幌ドームで練習を指揮した栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムは27日、今年初めての札幌ドームでの練習を行った。29日から本拠地で無観客でのオープン戦が始まる。影響を問われた栗山監督は「本当に大変な思いをされている人がいる中で無観客がどうとか、開幕がどうとか大した問題じゃない」と言い切った。

 北海道の新型コロナウイルス感染者は日に日に増加。自宅がある栗山町では「大変お世話になった」というコロッケ店が感染症拡大の影響で倒産した。報道に心を痛め「国が大変な時にどういう姿を見せるのか。プロ野球選手はその発信をする責任も負っていると思う」と述べた。

 3月3日の巨人戦は地元ファンに新人選手をお披露目する舞台だった。無観客になったがドラフト1位・河野(JFE西日本)ら新人投手5人は変わらず全員登板する予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2020年2月28日のニュース