西武ドラ2浜屋、3・1DeNA戦でプロ初先発 ドラ1宮川は状況見極め1軍昇格狙う

[ 2020年2月28日 17:58 ]

西武・浜屋
Photo By スポニチ

 西武ドラフト2位の浜屋将太投手(21=三菱日立パワーシステムズ)が、3月1日のDeNA戦(長崎)にプロ初先発することになった。浜屋は即戦力中継ぎ左腕として期待されるが、首脳陣は先発の適性も見極める意向だ。

 また最速154キロ右腕・ドラフト1位の宮川哲投手(24=東芝)は、南郷キャンプ中に右足の違和感を生じ、2軍で調整中。今後は状況を見極めながら1軍昇格を狙っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース