楽天 球団職員の在宅勤務導入検討

[ 2020年2月28日 05:30 ]

 楽天は27日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、選手、チームスタッフに手洗い、うがい、マスク着用を徹底させると同時に、職員に対しても在宅での勤務が可能になるシフトを導入することも検討。安部井寛球団本部長は「選手と球団職員の接触は必要最小限にして感染予防を図っていきたい」と説明した。

 楽天生命パークでチーム練習を行った三木監督は「大変な状況なので協力できることはしないといけない」と深刻な事態を受け止めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース