中日 大島新オーナー就任内定「強いドラゴンズを復活させていく」

[ 2020年2月28日 05:30 ]

中日の新オーナーに就任する大島宇一郎氏(球団提供)
Photo By 提供写真

 中日は27日、取締役会を開き白井文吾オーナー(92)の退任と大島宇一郎オーナー代行(55)の新オーナー就任内定を発表した。3月25日の株主総会で正式決定される。白井オーナは中日新聞社の大島宏彦最高顧問(85)に代わり名誉オーナーとなる。

 白井氏は00年3月からオーナーを務め03年オフに落合博満監督を招へい。8年間で4度のリーグ優勝、07年には53年ぶりの日本一に輝くなど黄金時代を築き上げた。球団を通じ「20年の節目を迎え、最良のタイミングと判断した。平成から令和へ時代が移り、初の開幕を迎える。新しい時代には新しいオーナーで臨むのがふさわしい」とコメント。印象に残っている試合に07年日本シリーズの最終戦で山井、岩瀬による「完全試合リレー」を挙げ「地元名古屋で決めた日本一に心から感謝するとともに、球場に広がった歓喜のテープを見て胸がいっぱいになりました」とした。

 大島氏は「強いドラゴンズを復活させていくため、フロントも新しい体制で活気あるチームづくりに取り組む」と7年連続Bクラスからの脱却を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース