西武・平良 3回5失点…先発断念 辻監督「後ろで。大事な場面で投げてもらう」

[ 2020年2月28日 05:30 ]

練習試合   西武2-7ソフトバンク ( 2020年2月27日    アイビー )

ソフトバンクとの練習試合に先発した西武の平良(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 西武の3年目右腕・平良は先発として対外試合に初登板し、3回を6安打6四球で5失点。「四球が多かった。ゴロを打たせても間を抜けたり思うようにいかなかった」と反省した。昨季は中継ぎで26試合に登板。今季は志願して先発として調整を続けていた。

 この結果を受けて辻監督は「後ろ(中継ぎ)で」と今季の起用法を明言し、「でも、大事な場面で投げてもらう。(先発用の)取り組みは必ずプラスになる」と期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース