マリナーズ・平野、2戦連続失点も前向き「球自体は前より良くなっている」

[ 2020年2月28日 02:30 ]

オープン戦   マリナーズ5―3レッズ ( 2020年2月26日    グッドイヤー )

レッズ戦の5回に登板し、1回を1失点だった平野
Photo By 共同

 マリナーズ・平野が5回から3番手で登板し、1回2安打1失点だった。オープン戦2試合連続失点となったが「しっかり投げられるようになっている。いい感じです」と強調した。

 1死一、三塁から3番・カステラノスに甘く入った92マイル(約148キロ)直球を左前適時打されたが、主砲ムスタカスをスプリットで空振り三振、続くバーンハートを左飛に打ち取り、最少失点で切り抜けた。結果より内容を重視する35歳のベテランは「球自体は前より良くなっている」とうなずいた。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース