レッズ・秋山 3戦連続安打ならず「悔しい…なんとか食らい付いて」

[ 2020年2月28日 10:15 ]

ダイヤモンドバックスとのオープン戦に出場したレッズ・秋山(AP)
Photo By AP

 レッズの秋山翔吾外野手(31)は27日(日本時間28日)、ダイヤモンドバックスとのオープン戦に「1番・中堅」で出場し、3打数無安打。3試合連続安打はならなかった。

 初回は通算119勝左腕、ジャイアンツからFAでダ軍に移籍したバムガーナーの91マイル(約147キロ)の直球に空振り三振。2打席目は右腕ゲラの93マイル(約150キロ)の直球に中飛、3打席目は右腕シェルフィーと対戦し93マイルの直球に遊ゴロに倒れた。

 結果を残せなかった秋山は「悔しい。なんとかもうちょっと食らい付いて自分のスイングが出来る打席が増えるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース